追記

fukumoto blog


2018-03-16 [長年日記]

_ []自殺うさぎの本, アンディ・ライリー

自殺うさぎの本(アンディ ライリー/Andy Riley)

ブラックユーモアたっぷりの絵本。ベタなネタからちょっと頭をひねらせるパズル的なものまで、様々な方法で自殺を図るうさぎが実に愛らしい。自殺をする理由などに変に踏み込まず、ただただ自殺する方法だけが並べられている構成が潔い。


2018-03-09 [長年日記]

_ [][マネー]いますぐプライベートカンパニーを作りなさい!, 石川貴康

いますぐプライベートカンパニーを作りなさい!(石川 貴康)

タイトルはプライベートカンパニーとなっているが、実質的には不動産投資本。

あくまでも不動産投資 (もしくはその他の事業でも良いが、レバレッジをかけやすいことや経費化しやすいことを理由に不動産投資を勧めている) で利益を出していることを前提に、可処分所得を増やすためのテクニックが述べられている。著者はコンサルタント兼不動産投資家であり税の専門家ではないので、税務の部分はきちんと自分で裏を取る必要があるだろう。


2018-03-02 [長年日記]

_ [][マネー][生活]お父さん! これが定年後の落とし穴, 大宮知信

お父さん! これが定年後の落とし穴 (The New Fifties)(大宮 知信)

自ら "警告の書" を名乗るだけあり、巷にある定年本を鵜呑みにした失敗例をこれでもかと並べる。ではどうすればよいのかという前向きの部分がやや弱いが、避けられる失敗を避けるためのべからず集としての価値はある。


2018-02-26 [長年日記]

_ [][マネー]全面改訂 ほったらかし投資術, 山崎元, 水瀬ケンイチ

全面改訂 ほったらかし投資術 (朝日新書)(山崎 元/水瀬ケンイチ)

インデックス投資本の売れ筋。共著者の水瀬ケンイチは梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーのブログでも有名。

オーソドックスなインデックス投資推奨であまり目新しさはないが、リスク資産を国内株50%・外国株50%に集中させ、先進国債券を見切っているのが特徴的。


2018-02-19 [長年日記]

_ [][マネー][マンガ]行動経済学まんが ヘンテコノミクス, 佐藤雅彦(原作), 菅俊一(原作), 高橋秀明(画)

行動経済学まんが ヘンテコノミクス(佐藤 雅彦/菅 俊一/高橋 秀明)

流行の経済学をまんが形式で。

ヘタウマ系のユルめの印象だが、内容はまとも。行動経済学を体系立てて学べるような本ではないが、人に話したくなるような小ネタを探している向きにはおすすめできる。


2018-02-11 [長年日記]

_ [][随筆][マネー]督促OL 奮闘日記 ちょっとためになるお金の話, 榎本まみ

督促OL 奮闘日記 ちょっとためになるお金の話 (文春文庫 え 14-2)(榎本 まみ)

修行日記の続編。お客様とのやりとり中心の前作に対し、今回は金融の仕組みも少し掘り下げているので、この世界の入門書としてもどうぞ。


2018-02-09 [長年日記]

_ [][随筆][マネー]督促OL 修行日記, 榎本まみ

督促OL 修行日記 (文春文庫)(榎本 まみ)

金融系のコールセンター勤務の著者による実録モノ。感情労働系のブラック職場でかなり生々しい話もあるのだが、笑って読めるのが著者の力量か。現場で鍛えられた会話術は勉強になる。


2018-02-05 [長年日記]

_ [][科学]知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ, 苅谷剛彦

知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ (講談社+α文庫)(苅谷 剛彦)

表題ともなっている複眼思考とは、常識やステレオタイプにとらわれず、自分の頭で考える思考法を指している。思考法というとコンサルタントの掲げる思考法のフレームワークの類を思い浮かべる人も多いだろうが、本書はより根源的な問題の立て方やその展開法を扱っている点で一線を画している。

若い学生を想定読者としているためか、批判的な読書法に始まり、論理の積み重ね方、問題の立て方、ものごとの多面性を捉えるための方法をひとつひとつ手ほどきしていく構成となっており、順を追って読み進めるだけで知的複眼思考法のエッセンスに触れることができる。おすすめ。


2018-02-01 [長年日記]

_ [][][随筆]落ちこぼれてエベレスト, 野口健

落ちこぼれてエベレスト (集英社文庫)(野口 健)

アルピニスト野口健による自伝。

山行の記録ももちろん素晴らしいのだが、それ以上に興味深いのが著者の若気の至ったエピソードの数々。高校時代の喧嘩と停学、アルコール浸りの大学時代、シェルパの娘との結婚と離婚、それらを包み隠さず語っているところは好感が持てる。


2018-01-26 [長年日記]

_ [][マネー]株のしくじり先生, 別冊宝島編集部(編)

株のしくじり先生(別冊宝島編集部)

ネット上で有名な投資家達10人の "しくじり" にスポットを当てた企画。

全体的にリスク管理が甘い事例が多い。各人の自己分析では判断ミスを原因としていることが多いが、それ以前の問題としてそもそもリスクを取りすぎているように見える。


追記