«前の日(03-01) 最新 次の日(03-03)» 追記

fukumoto blog


2006-03-02

_ [生活]新居の浴室設備について思う

新居の浴室はガス給湯。 ガスの業者が来た際に説明を受けたが、絶対に使いこなせないほど多くの機能が付いている。 タイマーや追い炊きなどはいいとして、1/fゆらぎで温度が変化するシャワー (!) など絶対に使わなそうなものまでついている。

しかし、そのくせに風呂蓋がついていないというのは何か優先順位を間違えているのではないかと思える。


2008-03-02

_ [陸上] 第2回ふかやシティハーフマラソン

第2回ふかやシティハーフマラソン

久しぶりにレースに出てきた。

今期はトレイルランを中心に狙っていきたいと思っているが、まずは足慣らしでハーフマラソンから。 この時期に自宅近くで開催されるハーフマラソンの公認大会というとあまり選択肢がなく、ほぼ消去法で決めた大会だったのだが当たりだったと思う。

  • ハーフマラソンの参加者数は1000人強 (その他の種目を合わせてもおそらく3000人弱程度) の小規模な大会で走りやすい
  • 規模の割にスタッフ人数も多く、気持ちの良い運営
  • 完走後に、名物の煮ぼうとうのサービスがあるのが嬉しい
  • タイム計測用リグは、NISHIランニング・カスケットシステム。シューズではなく、ゼッケンに着用するタイプ
  • 会場の深谷ビッグタートルへは、深谷駅と武川駅の双方からシャトルバスが出ていた。ややマイナーな方なので仕方がないが、武川方面は帰りのバスの本数が少なく少し待たされる

2010-03-02

_ [][軍事]戦争の常識, 鍛冶俊樹

戦争の常識 (文春新書)(鍛冶 俊樹)

軍事の本当の基礎の所を扱った入門書。

広く浅くの内容だが、必要な箇所はきちんと押さえており、記述も真っ当。


2012-03-02

_ []サラリーマンが“やってはいけない”90のリスト, 福田秀人

サラリーマンが“やってはいけない”90のリスト(福田秀人)

よくある組織論やサラリーマン論を現実的な視点から真っ向否定する良書。その種の本を読んでいても理想論過ぎて今ひとつ府に落ちなかった、という人にはぜひ読んで欲しい。

ポイントを絞ってあり読みやすいが、誤字脱字が目立つのがやや難。


2013-03-02

_ [][社会]ヤクザと原発 福島第一潜入記, 鈴木智彦

ヤクザと原発 福島第一潜入記(鈴木 智彦)

元々は暴力団関係のルポを専門にしている著者ということもあり、その視点からの原発の利権構造の分析などを期待して読み始めたが、少々肩透かし気味。

本書の大半を占めるのが、福島第一原子力発電所へ作業員として潜入した体験記。潜入にあたっては暴力団関係のツテを利用しているものの、その利権構造の全体像への踏み込みは今ひとつ。


2014-03-02

_ []読んでいない本について堂々と語る方法, ピエール・バイヤール(著), 大浦康介(訳)

読んでいない本について堂々と語る方法(ピエール・バイヤール/大浦 康介)

本来は読んでいなければならないはずの本を読んでいないということを半ば自虐的ながらも肯定的に捉え、その上でその本について語るにはどうするべきかということを論じた本。

そもそもある本を読んだとはどういうことなのかという根源的な問題まで改めて考えさせられる良書。おすすめ。


2015-03-02

_ [][社会][マネー]詐欺の帝王, 溝口敦

詐欺の帝王 (文春新書)(溝口 敦)

詐欺の帝王と呼ばれた本籘彰 (仮名) の学生時代からの遍歴が中心で、詐欺の具体的な手口の情報はあまりなし。90年代に隆盛を極めていたイベサーが自然にヤミ金や詐欺へと繋がっていく流れは実に興味深い。またその背景にある暴力団関係者との付き合いも、多分に週刊誌的な内容ながら読み物として楽しめる。


2016-03-02

_ [][]メタルめし! 飢えたメタラーたちに捧ぐ、究極のガッツリヘヴィメタルレシピ, ヤスナリオ

メタルめし! (飢えたメタラーたちに捧ぐ、究極のガッツリヘヴィメタルレシピ)(ヤスナリオ)

料理勉強家ヤスナリオのブログを書籍化したもの。

ネタ本かと思いきや、レシピは意外にまともで、普通のレシピ本としても通用するレベル。もちろんメタルの小ネタも満載で読み物としても楽しめる。


2018-03-02

_ [][マネー][生活]お父さん! これが定年後の落とし穴, 大宮知信

お父さん! これが定年後の落とし穴 (The New Fifties)(大宮 知信)

自ら "警告の書" を名乗るだけあり、巷にある定年本を鵜呑みにした失敗例をこれでもかと並べる。ではどうすればよいのかという前向きの部分がやや弱いが、避けられる失敗を避けるためのべからず集としての価値はある。


«前の日(03-01) 最新 次の日(03-03)» 追記