«前の日(03-28) 最新 次の日(03-30)» 追記

fukumoto blog


2003-03-29

_ [生活] インターホン

新しいインターホン

先日、マンションの管理業者 (電器屋) から「マンション各戸のインターホンの交換をしたいのですが、いつがご都合よろしいでしょうか?」と、電話を受けました。でも、すでに設置されてるのを何で交換するのかなー、このマンションって今年の1月終わりに完成したばっかりだから老朽化なわけもないしなー、と思い問いつめたところ、こっそり教えてくれました。どうも、すでに設置されている某国内有名メーカー製インターホンは諸事情によりリコールになったらしいです。

そんなわけで、今日交換してもらいました。

せっかくなので、電器屋のおにいさんが作業しているのを後ろでじっと眺めていました。作業は割と簡単で、

  1. 配線
  2. 取付用金具ねじ止め (水平器使用)
  3. 本体はめ込み
  4. 番号設定

の4段階です。

インターホンの部屋番号設定

インターホン内部の注意書き

ここで、ちょっと気になったのが、最後の番号設定。端末側のディップスイッチで部屋番号を設定しておりました。

この番号設定って、ユーザ宅内の端末で設定できるということは、他の部屋の番号を設定したりすると、他の部屋宛の呼び出しが hook できたりして、セキュリティ的にアレだったりする……?

あ、もちろん本体内部にはこんな注意書きがあるので、良い子のみんなはいじってはいけないよ。たぶん。


2007-03-29

_ [生活][英語][マネー]教育訓練給付金の申請に行って来た

先日申請書類を受け取った教育訓練給付金の申請に 行って来た。

自宅から自転車で10分ほどのハローワークで8:30から申請ができるので、 フレックスタイムを活用して就業前に行ってみる。

書類に不備がなければ、申請作業自体は10分ほどで終わる。 ただし私の場合は窓口の担当者が途中で電話に割り込まれたため更に10分ほど 余計にかかった (接客中に別の電話に出るのもどうかと思うが) 。

郵送ではなく出頭しなければいけないのは、アンケート調査のためらしい。 教育訓練施設からのキックバックを受け取っていないかなどを訊かれた上、 書類に署名押印する必要がある。 口頭で訊かれる以上の調査はなく、 本当に不正をしている人は正直に答えるわけがないので、 何のためにやっているかは不明。


2008-03-29

_ [][野球]野球人の錯覚, 加藤英明, 山崎尚志

野球人の錯覚(加藤 英明/山崎 尚志)

野球統計本。 データスタジアムのデータを元に、いわゆる「流れ」論の検証を中心に行っている。

  • リンゼイのモデルは既に盗塁やバントを行ったケースを含んでいるのでそのまま使えない、という指摘は面白い
  • エラーや併殺が流れを変える (次回以降の得失点確率や平均得失点に影響を与える) ということが述べられているが、エラーがあるチームは元々守備が良くない傾向があり、併殺があるチームはたまたま守備が良かったり良い投手が投げている傾向があるというだけの様に思える。そのあたりをコントロールしたデータが見たい
  • 4番打者が打点を挙げた次の回の攻撃では (4番打者以外が打点を挙げた次の回の攻撃以上に) 得点確率や平均得点が増加するということを根拠に、4番打者が打つと流れが良くなるということが述べられている。しかしながら、4番打者とそれ以外の打者の双方が打点を挙げたイニングは4番打者の打点側に分類しているため、いわゆるビッグイニングが発生するほど相手投手の出来が悪いケースが数値を押し上げているおそれがある。

2009-03-29

_ [][デザイン]論理的にプレゼンする技術 聴き手の記憶に残る話し方の極意, 平林純

論理的にプレゼンする技術 聴き手の記憶に残る話し方の極意 (サイエンス・アイ新書)(平林 純)

前著の理系のためのプレゼンのアイディアが比較的良かったのでこちらも読んでみた。本当に基礎中の基礎からの本だが、意外と出来ていないことが多いのに気付かされる良書。 にしかわたくのイラストも面白い。


2013-03-29

_ [][マネー]マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール, マックス・ギュンター(著), 林康史(監訳), 石川由美子(訳)

マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール(マックス・ギュンター/林 康史/石川 由美子)

面倒な言葉遊びをせずに "投機" と言い切って推奨してしまうところが潔いマネー本。

かなり精神論寄りではあるが、投機に最も必要な自己統制を学ぶには良い本。一見すると現代ポートフォリオ理論と真っ向から対立する様な記述も多いが、この著書の立ち位置からすると理論の及ばない範囲の事柄に対する心構えということになるだろう。


2014-03-29

_ [][マンガ][麻雀]ムダヅモ無き改革 (12), 大和田秀樹

ムダヅモ無き改革 12 (近代麻雀コミックス)(大和田 秀樹)

ここに来て変化球のアイドル対決。と言ってもテンションの高さは変わらず、安心して楽しめる。様々なパロディが仕込まれているのも芸が細かい。


2017-03-29

_ [][社会]ビジネス版 悪魔の辞典, 山田英夫

ビジネス版 悪魔の辞典 (日経ビジネス人文庫)(山田 英夫)

悪魔の辞典のビジネス版というか日本の大企業版。

パロディながらもその質は高く、その環境に身をおいてこそ笑えるネタが満載。


2018-03-29

_ [][社会][デザイン]日本のブックカバー, 書皮友好協会(監修)

日本のブックカバー(書皮友好協会)

書店でかけてもらえるブックカバー (書皮) のカタログ。昔通った懐かしい書店のカバーも、見覚えがないものも、眺めているだけでノスタルジックな気分に浸れて幸せ。

とはいえ、今や私も書店で書籍を購入することはめっきり減っており、この本ももう少し経つと貴重な "史料" となってしまうのだろう。


«前の日(03-28) 最新 次の日(03-30)» 追記