カート・ヴォネガット, 金原瑞人(訳), 国のない男

実はヴォネガットの本を読むのはほぼ初めて。

爆笑問題の太田光が大絶賛の帯を書いているのが納得できる、そんな本だった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました