opera

diary

Carmen@Erkel Theatre

Hungarian State Opera House本家は日程が合わなかったので、Erkel Theatreの方で観劇。 チケットはWebで予約可能。発券まで自宅プリンタでできるErkel Theatre周辺はやや治安の良くない雰囲気の通りもあるので注意が必要クロークの支払いはフォリントのみ。最終日の夜の観劇だったため、フォリントは使い切ってユーロしか残っておらず難儀した字幕は舞台の上方。もちろんハンガリー語のみ予算の制約のせいもあってか、かなり現代劇風の味付けになっ...
diary

Rigoletto@Wiener Staatsoper

旅行を兼ねてWiener Staatsoperで観劇。 チケットはWebで予約可能。カード決済後は自宅プリンタで発券までできる。Webは日本語までサポートしており、至れり尽くせりドレスコードはやや注意が必要。Parkettあたりはさすがにジャケットが必要な雰囲気。Premiereだともう少しランクを上げる必要がありそう字幕は各座席に設置されている。英語と独語が選べる回り舞台を活用した舞台作りが素晴らしい主役級の歌唱を見せてくれたのがGilda役のErin Morley。...
book

石戸谷結子(著), 井辻朱美(著), 加藤浩子(著), 楠瀬寿賀子(著), 中野京子(著), 山口眞子(著), 朝倉めぐみ(イラスト), オペラ・ギャラリー50

オペラの有名作品を各2~4ページで。豊富なイラストに加え、独自の登場人物ごとのハッピー/アンハッピー度グラフなどの工夫で読みやすい (さすがにハッピー/アンハッピーの一軸でまとめるのは無理がある箇所もあるが、理解の助けにはなる) 。著者陣もオペラに造形の深い人選で外れがない。
diary

ポーランド国立ワルシャワ室内歌劇場オペラ 魔笛@大宮ソニックシティ

ポーランド国立ワルシャワ室内歌劇場オペラの魔笛を観劇。DVDでは何度も観ている作品だが、生で観るのは実は初めて。 地方公演のせいか、女性客がやけに多い。幕間など、女性トイレだけが異常な行列字幕サイズが小さめで、後ろの方の席に座ってしまうとかなり読みにくいタチアナ・ヘンペルの夜の女王が今ひとつ。下手というわけではないのだが、声量も迫力も足りず、迫ってくるものがない対照的にオルガ・パシェチニックのパミーナは大当たり。これだけで今日は観にきた甲斐があったと思える
diary

サロメ@新国立劇場

新国立劇場で上演中のオペラ、サロメを観劇。 注目のナターリア・ウシャコワだが、第4場の踊りはともかく歌唱は見事。カーテンコールの際のサービス精神にも好感が持てる。 舞台装置や衣装も新国立らしい豪華さでこちらも文句なし。
movie

クリストフ・フォン・ドホナーニ(指揮), サロメ

来年2月の新国立劇場オペラのチケットをとったので、予習してみる。 最初はとりあえずストーリーだけ追おうと思ってみていたのだが、キャサリン・マルフィターノの魅力に完全に引き込まれる。
movie

ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮), ラ・ボエーム

ゼフィレッリの演出で映画仕立てにされたもの。 なんと言っても、ミレッラ・フレーニのミミが素晴らしい。
diary

ボヘミア・オペラ カルメン

グリーンホール相模大野でボヘミア・オペラ カルメンを観てきた。 コーラスのボリュームを物足りなく感じてしまった点が残念。席が悪かったせいもあると思うが。 ガリャ・イブラギモヴァのカルメンやヴァレンティナ・チャヴダロヴァーのミカエラは良かっただけに、残念さもひとしお。
movie

ボヘミア・オペラ カルメンの予習

この秋に来日するボヘミア・オペラ カルメンのチケットがとれたので予習をしている。といっても、既に何度も観ている有名作品なので、既に手元にあったDVDを見直しているだけだが。手元にあるカルメンのDVD、ととを見比べているが、どちらも甲乙つけがたく、自信を持ってお勧めできる。 カラヤン版は、40年前の録画のため衣装やメイクにやや古臭さを感じさせる部分はあるものの、歌唱と演奏は圧倒的な迫力。最近流行のアルコア版ではなく、グランド・オペラ版でこってりと楽しませてくれる...
diary

オペラのチケット入手ついてのグチ

趣味のオペラのチケット入手に関するグチです。 まずは新国立劇場について。土日祭日の上演、特に海外からの引越公演のチケットが慢性的に不足気味なのは何とかならないものでしょうか。その一因として平日も土日祭日もチケット価格が同じという点が挙げられると思うのですが、なぜ土日祭日価格を別にしないのでしょう? それだけでも多少緩和されると思うのですが。また、CLUB The Atre会員専用インターネット先行抽選受付ってちょっとエグい商法の様な気がするのですがどうなんでしょう。これ...
タイトルとURLをコピーしました