長嶋有, 猛スピードで母は

芥川賞も受賞した表題作の “猛スピードで母は” と、映画化もされた “サイドカーに犬” の二本立て。

どちらも何か大事件が描かれるわけではないけれど、ちりばめられた細かな表現が好み。

コメント

タイトルとURLをコピーしました