冷泉彰彦, 「関係の空気」 「場の空気」

最近とみに語られることの多い “空気” というものに真っ向から挑んだ一冊。

特に “空気” と権力の関係という視点からの分析には納得できる部分が多い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました