水野敬也, 四つ話のクローバー

“幸せ” をテーマにした寓話集。少々あざとさを感じる部分がないでもないが、それでも深い含蓄を感じる。また、最終話の “氷の親子” には素直に泣かされる。涙もろい人はご注意を。

コメント

タイトルとURLをコピーしました