斎藤環, 世界が土曜の夜の夢なら ヤンキーと精神分析

ヤンキーの “女性性” を柱に据えた論考集。

定性的な分析のみでところどころ論理の飛躍が過ぎるが、切り口は興味深い。学術的な意味はさておき、読み物としては面白い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました