西村賢太, 小銭をかぞえる

いつも通りの私小説。今回は同棲中の女性とのエピソードが中心。

毎回読む度に嫌な気分になるのだが、それでも次々と読んでしまうのはなぜだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました