歌野晶午, 死体を買う男

作中作という構造を活かした多層的な物語づくりは見事の一言。

著者の江戸川乱歩マニアぶりを十分に発揮した語り口も良いアクセントになっている。萩原朔太郎の人物造形も実に良い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました