東野圭吾, ある閉ざされた雪の山荘で

歴史的な作品ながら未読だったので今更ながら。

いわゆる山荘モノだが、東野圭吾らしくきちんとひとひねりをきかせてある。幾重にも入り組んだ構造はお見事。

コメント

タイトルとURLをコピーしました